ALPINE STYLE │  RACE  EXPERT CARVING  REGULAR CARVING  LIGHT CARVING
EVO-AFX Evolution-AFX GS & SL [日本製]
SIZE: GS 182/176/172 SL 162/159/152 PRICE: ¥142,000(税別価格)
[GS] 182/176/172

SIZE
EF.EDGE.L
CO.L
NOSE W.
WAIST W.
TAIL W.
RADUS
SETBACK
STANCE
182
1700
1605
253
201
233
17.1
30
500
176
1640
1545
253.5
200
233.5
15.3
30
500
172
1600
1505
240
190
220
14.2-16-17
30
460
162
1500
1405
259.8
202
239.8
11.0
30
500
159
1470
1375
261
200
242
10.3
30
500
152
1400
1315
247
188
237
8.8
20
460


「EVO-AFX」は、ALCプレートおよびALLFLEXプレート装着を前提に設計したレーシングモデル。プレートに強さがあるので、プレートを装着しないで使っても求める性能は発揮されず、少し物足りなさを感じるかもしれない。ボード本体にプレートをプラスすることで操作性と反発力、加速性が生まれ、安定した滑りが約束される。ボードとプレートのコラボレーションを体感してもらいたい。

TECHNOLOGIES
芯 材: FLC10コア
補強材: メタルAL7178 + グラスファイバー + カーボンシート
エッジ: スチール(セラミックディスク仕上げ)
トップシート: PE
ソール: ISO SPEED R2245 SINTERED GRAPHITE
ソール仕上げ: サンディング仕上げ

IMPRESSION
相澤盛夫/EVO-AFX
ノーマルモデルと比べプレート装着モデルは全くフィーリングが違う。全体にかなりしなやかなソフトフレックスなため、ターン導入でのノーズの捉えやたわみ感をほとんど感じないまま瞬く間にピタッとエッジ全体が止まり足場ができる。このボードがたわみきって足場ができるまでの時間が非常に早いことがタイムアップにつながる。

富田陽介/EVO-AFX
ノーズが柔らかくなっていることで、ターン前半では今までに無い感覚で柔らかく早く捉えられる感じを受けました。プレートを使用しますので操作性は落ちますが、それ以上に安定感やエッジグリップ、ターンスピード、ボードの走りがあり自信をもって乗り込んでいけます。テク選でも使用しましたが、イメージ通りに使用できました。バーン状況、雪質、種目ともに状況が合えば間違いなくこのボードを選びます。レースでタイムを出す時やテク選でスピード感やボードの走りを見せるといった時に心強いボードです。また、フリーカービングを好まれる方にも気持ちの良い安定感とボードの走りをぜひ体感していただきたいです。

金澤野愛/EVO-AFX
最初に乗った時、去年のEVOとは全然違うなと感じました。今までよりもノーズの捉えがとても早く、アイスバーンでも早い段階でしっかりノーズに乗り込んでいけます。また踏んだ分だけしっかり返ってくるので、雪質や斜度に合わせたターンをすることが可能です。プレートなしでも十分走ります。ゲートでは、ちょっとキツめのSLのセットや、PGSのセットでもしっかり返ってきてターンの抜けもスムーズです。そしてGSの高速時でも凄く安定するのでミスもリカバリーしやすく、プレートとも相性が良いです。ホワイトのトップシートも美しく、凄く頼りになる1本です。