Japanese/English
 FREE STYLE │  POWDER  FREE RIDE  BIG MOUNTAIN  BACKCOUNTRY  FREE CARVING
FT/Facet First Track/Facet  [日本製]
SIZE: 164HD/164/159/152  PRICE: ¥149,000(税別価格)
164/159/152
OGASAKA

SIZE
EF.EDGE.L
CO.L
NOSE W.
WAIST W.
TAIL W.
RADUS
SETBACK
STANCE
164HD
1280
1005
311
259
295
8.4
30
560
164
1280
1005
311
259
295
8.4
30
560
159
1230
955
307.5
258
293.5
8.0
40
540
152
1170
930
289
242
275
7.7
30
480


過去には登るための性能を重視し、滑る性能はある程度妥協しなければならないというようなイメージのスプリットボードが多かった。登りはもちろんだが、登った後の滑りも満足できるものにするために、開発には時間をかけた。何度も試行錯誤を繰り返して開発を断行した。多くの先人たちにも貴重なアドバイスをいただきながら。そして日本のみならず海外の厳しい目にもチェックをしてもらった。日本の緻密なモノづくりに対して絶賛を受けるだけでなく、その滑走性能にも高い評価(splitborad.com)を得た。3年目にあたり全体のラインナップ構成を見直し、164cm に164HD/ハードフレックスを追加した。そして159 のフレックスを再調整した。進化を続けるFT/Facet に注目してほしい。

TECHNOLOGIES
芯 材: SP3[164]、
ASPコア[164HD/159]、SP4[152]
補強材: グラスファイバー
エッジ: ステンレス
トップシート: ポリアミド
ソール: OKULEN3000C SINTERED GRAPHITE
ソール仕上げ: サンディング仕上げ

IMPRESSION
会田二郎/Facet159
第一印象は高速安定性が増した感じだ。ボードの剛性感が高まり、荒れたバーンで体軸をキープできれば凹凸をオートマチックに乗り越えてくれる。後傾になれば暴れ馬だが、しっかりと前足に荷重すると、素早い反応でイメージしたラインをトレースしてくれる。人馬一体の爽快感に磨きをかけた印象だった。パウダーでは、自分の限界域を上げたくなって、ついついスピードを出してしまう。スピードが増すほど曲がりやすく加速感もあって、ソリッドボードに乗っているかのような感覚だった。登りは、ブラケットの位置が少し前方に変更されたので、トップの浮きがさらに良く、キックターンがスムーズになった。元々軽量だし、快適なハイクを楽しめた。

廣田勇介/Facet
「このボードはスプリットボードだから」という言い訳を一切感じさせない。長さの違いは、浮力だけでない。159ではわずかに組み込まれたキャンバーがアイシーで危険なコンディションでも、安定したボード操作を可能にする。164の適度な長さは、スプリットボードにしてから忘れていたトーションを使ったエッジコントロールとドライブ感を思い出させてくれる。「Facetはスプリットボードの世界に革命をもたらした」と思っている。

磯村直樹/Facet
登って滑るという行程で、スプリットボードの性能はその1日を大きく左右します。FT/Facetは軽く、取り回しが良く、フレックスバランスも絶妙で、雪に吸いつくように登って行けます。滑り出した時、スプリットボードの常識を覆すソリッド感に驚きます。急な雪質の変化に対応しなければいけないバックカントリーで、足元に信頼をおけるというのは非常に大事なことです。トーション、フレックスのバランスも良く、ゲレンデで乗ってもとても楽しいボードです。


[NEWS]
海外サイト splitboard.com にFT/Facet が紹介されました。