Japanese/English
ORCA
Orca  [日本製]
[ALL-ROUND WIDE] 
PRICE: ¥83,000(税別価格)
 
NEW
 
 
SIZE
EF.EDGE.L
CO.L
NOSE W.
WAIST W.
TAIL W.
RADUS
SETBACK
STANCE
166
1310
1270
311.5
268
305.5
10.5-10.0
40
580
163
1280
1230
314.5
267
309.5
9.0-8.6
30
580
160
1250
1200
310.5
264
305.5
8.8-8.4
30
560

「ORCA」は、足サイズの大きい人のために開発されたオールラウンドワイドボード。ロングノーズ・ロングテールでサイドカーブを深くすることにより、回転性能を向上させ、太いボード特有のもっさりした印象を抑えることに成功した。ラウンド形状で幅が広いため、浮力が大きいのも一つの利点だ。このありそうで無かった異次元とも言える太いシェイプのラウンドボードは、思いきりボードを立てる楽しさを教えてくれる。ハンマーヘッド形状のボードが上位者の大半を占めるテクニカル選手権において、ライダーの臼井裕二は「ORCA」で毎回入賞を果たしている。重さ・太さがあるため中級者からプロフェッショナルユーザーが対象のモデルだが、ボードを立てる感覚を養いたいスノーボーダー全員におすすめしたいボードだ。20-21モデルは166サイズの追加に加え、新設計の〈ASP2コア〉を採用することで高速安定性の向上を図った。

TECHNOLOGIES
芯 材: ASP2コア
補強材:
グラスファイバー・ カーボンコンポジット +
カーボンシートワイド
PCプレート:
タイプOG1
エッジ:
ステンレス
ソール:
Sintered Graphite
ソール仕上げ:
サンディング仕上げ
[コンベックスソール]

IMPRESSION
臼井裕二/ORCA 163
一言で言うと、バランスの良い馬力のあるワイドボード。ワイドボードの利点は“面”の広さ。これは、ドラグ防止にも有用だが、それ以上に面の操作に対する意識の広がりが実際の“楽しさ”に繋がります。このボードは面を傾ける量や押し込み方などのアレンジが乗り手をワクワクさせてくれます。新しく設計された166はまるでハンモックに包まれるような、ゆとりのあるたわみを体感できます。緩斜面ではスピードのロスが少なく、降雪時のゲレンデでは浮力を使ったターンが心地よいです。雪質の変化によってたわみ方が変化するので、いつ乗ってもあきることのないボードです。