Japanese/English
SHIN 156
SHIN 156  [日本製]
[POWDER BOARD] 
PRICE: 95,000(税別価格)
 
NEW
 
NEW
NEW
SIZE
EF.EDGE.L
CO.L
NOSE W.
WAIST W.
TAIL W.
RADUS
SETBACK
STANCE
167
1245
1005
312
270
300
10
20
560
CA163
1260
1070
304
2547
290
8.5
25
540
163
1260
955
304
254
290
8.5
12.5
540
156.5
1040
930
297
256
275
8.1
60
540
156
1150
930
304
259
290
8.1
10
540
144
1040
900
280
245
270
8.3
10
460

心・芯・信・真・慎・伸・新・深・清・神・進...「SHIN」は、人生に関わる大事な場面で欠かせない、私たち日本人にとって大切なワード。OGASAKA SNOWBOARDSの新しいパウダーボードシリーズ「SHIN」は、サイドウォールにその年の“SHIN”を刻んで いく。 20-21は“心”。「雑念を取り払って無心で滑ってもらいたい」という想いを込めた。

パウダーボードシリーズの中で、「オールラウンドメンズサイズ」という位置付けのSHIN 156。コンディションに左右されにくい形状で、これ一本でさまざまなパウダーシーンを楽しめる。20-21モデルは、形状とフレックスバランスの変更を行った。勝手に曲がったりせず素直な乗り心地になり、推進性と高速安定性が向上した。初めてパウダーボードを乗る方からエキスパートユーザーまで、幅広い層に満足してもらえるパウダーボードだ。

TECHNOLOGIES
芯 材: NVコア[ CA163、163、156.5 ]、
OGK2コア[ 167、156、144 ]
補強材: グラスファイバー[ CA163、163、156.5 ]、グラスファイバー・カーボンコンポジット+
カーボンリボンナロー[ 144 ]、グラスファイバー・カーボンコンポジット+カーボンシートワイド[ 167、156 ]
PCプレート:タイプS エッジ: ステンレス
ソール: Sintered Graphite
ソール仕上げ: サンディング仕上げ[コンベックスソール]

IMPRESSION
熊木秀一/SHIN 156
OGASAKAのパウダーボードに乗って驚いたのがカービング性能の高さです。小柄で足のサイズも小さい自分には、ウエスト幅が広すぎてカービングは難しいと思っていたのに、ハードバーンでもキレのあるカービングができて驚きました。20-21モデルは高速時での安定性が数段増した感じです。朝イチのパウダーから夕方の圧雪バーンまでこの1本で楽しめます。また春のシャバ雪でのバンクドスラロームにもおすすめです。

早川健太/SHIN 156
サーフライクなライディングにはこれ。シャープなアウトラインで浮力より新雪を切り裂くイメージの滑りです。スピードの速いパウダーライディングを得意とするので、スピードが上がるほど前へ前へ。野沢温泉スキー場をベースに滑っていてボードのサイズ感が丁度良いと思いました。パウダーだけでなく圧雪、3D地形、不整地とすべて楽しく滑ることができます。ゲレンデ全体を楽しめるおすすめのボードです。