Japanese/English
SHIN 167
SHIN 167  [日本製]
[POWDER BOARD] 
PRICE: ¥95,000(税別価格)
 
NEW
 
NEW
NEW
SIZE
EF.EDGE.L
CO.L
NOSE W.
WAIST W.
TAIL W.
RADUS
SETBACK
STANCE
167
1245
1005
312
270
300
10
20
560
CA163
1260
1070
304
2547
290
8.5
25
540
163
1260
955
304
254
290
8.5
12.5
540
156.5
1040
930
297
256
275
8.1
60
540
156
1150
930
304
259
290
8.1
10
540
144
1040
900
280
245
270
8.3
10
460

心・芯・信・真・慎・伸・新・深・清・神・進...「SHIN」は、人生に関わる大事な場面で欠かせない、私たち日本人にとって大切なワード。OGASAKA SNOWBOARDSの新しいパウダーボードシリーズ「SHIN」は、サイドウォールにその年の“SHIN”を刻んで いく。 20-21は“心”。「雑念を取り払って無心で滑ってもらいたい」という想いを込めた。

パウダーボードシリーズの中で、「オールラウンドロングサイズ」という位置付けのSHIN 167。SHIN 156の長いバージョンと言えばわかりやすいだろう。ボードが長くなることにより、低速時は若干取り回しにくくなるが、浮力、高速安定性、落下速度が上がるなどの利点も多い。しかしこのボードは、フレックスバランスの調整により、ロングサイズにも関わらず最大限扱いやすくすることに成功した。初めて長いパウダーボードにチャレンジする方にぜひおすすめしたい。

TECHNOLOGIES
芯 材: NVコア[ CA163、163、156.5 ]、
OGK2コア[ 167、156、144 ]
補強材: グラスファイバー[ CA163、163、156.5 ]、グラスファイバー・カーボンコンポジット+
カーボンリボンナロー[ 144 ]、グラスファイバー・カーボンコンポジット+カーボンシートワイド[ 167、156 ]
PCプレート:タイプS エッジ: ステンレス
ソール: Sintered Graphite
ソール仕上げ: サンディング仕上げ[コンベックスソール]

IMPRESSION
照井英樹/SHIN 167
「SHIN167」は一見長いと感じますが、ロッカー形状で接雪長が短い分156位のスノーボードに乗っている感覚の軽快な操作性が特徴です。パウダーではボード全体が浮き上がる感じでスピードロスが無く、ディープパウダーでも特別ポジションを気にせずにカービング、ビッグスプレーを体感できます。ハードパックでは見た目のボードの幅からは想像がつかないくらいスムーズに軽くボードが立ち、今回採用された新しいキャンバーで確実にボードがたわみ強くエッジグリップしてくれ、ドライブの効いたディープなカービングターンを可能にしてくれます。ターン後半はパウダーボードに乗っているのを忘れてしまうくらい鋭い走りで気持ち良く加速していきます。サーフスタイルで楽しむ地形や壁を使ったロケーションでも、クイック&ルーズ&カービングの三拍子でスピードロスが少ないため、素早く多くの地形にアプローチできます。「SHIN167」は乗り手の想像力を掻き立たせてくれ、どんな状況下でもこれ1本で楽しませてくれるハイパフォーマンスパウダーボードです。SHINの完成でこれまで食わず嫌いだったバックカントリーにも行ってしまいました。