Japanese/English 
FREE STYLE
TF-C [日本製]
The Free-Custom
price ¥90,200(税抜価格¥82,000)
Made In Japan

ALL-ROUND PLAYFUL 対象者:中級~エキスパート

動きやすさと、より強い足下グリップを追求した「マニュアル操作系カービングボード」


TF-C TECNOLOGIES
芯材:NV Core
補強材:Glass Fiber +Carbon Ribbon Narrow[158-152], Glass Fiber[148]
PCプレート: Type-S
エッジ: Stainless
ソール: Sintered Graphite
ソール仕上げ: Sanding Finish[convex sole]



156/154/152


TF-C 154 | 藤巻俊介
[2021 SAJ全日本スノーボード技術選手権フリースタイル男子3位]
初めて乗った時、低速域から操作性が良く、高速域でも安定感を失わないこのボードには驚かされました。スタンス間のフレックスがしっかりしているので、適正ポジションで踏み込めば、力強くグリップして、ノーズ、テールのフレックスは柔らかめで接点が強くないので、グラトリはもちろん地形やコブの中でエッジが変に引っかかることなく、自由に操作ができます。急斜面でカービングしたり、パークに入ったりとゲレンデを隅々まで遊びたい時にもおすすめのボードです。

TF-C 154 | 太田賢哉
[妙高高原をホームに活動するOGASAKAの伝道師]
フリーキャンバーの特性もあり、センター部分のたわみを感じづらいが、不思議と低速からでも綺麗なターン弧を描いてくれます。引っ掛かりの少なさと台形状のシェイプのモーメントの軽さで、横方向への取り回しが軽快で、ズレとキレを自在に操ることができます。ただ接雪点のおさえが弱い分、ボードに頼ってノーズに乗り込むポジションを取ると破綻しやすいので、適正量の角付け角とセンターでの荷重操作をする必要があります。スタンス間がしっかりしているので、キッカーでのランディングも安定感抜群です。パークや地形遊びなど、フリースタイル要素を取り入れたいカービングユーザーにおすすめです。


「TF-C」は、TF をベースに芯材を厚くし、フレックスバランスを調整することにより高速域にも対応した遊び向けオールラウンドボードシリーズのカスタムモデルです。フリーキャンバー構造と台形形状により滑り出しが軽いにも関わらず、ターン時には足元のエッジがしっかりとグリップする不思議なボードに仕上がっています。センターポジションに乗り、それを維持するだけで高速カービングから始まり、グラトリ、地形、ジャンプ、パウダーと一連の流れで遊ぶことができます。普段ハンマーヘッド形状のカービングボードを乗っている方にも、ご満足いただける遊び向けのオールラウンドボードです。スノーボードライフでは普段選ばないボードを敢えて乗ることで、新たな滑り方や楽しみ方を発見する場面が多々あると思います。そんな機会を「TF-C」 は提供してくれます。

SIZE EF.EDGE.L CO.L NOSE W. WAIST L. TAIL W. RADIUS SETBACK STANCE
158 1250 1230 292 251 292 9.3-8.9-9.3 19 580
156 1230 1200 290 249 290 8.9-8.6-8.9 18 560
154 1220 1180 289 247 289 8.6-8.3-8.6 17 540
152 1200 1160 287 246 287 8.5-8.2-8.5 17 540
148 1160 1120 279 238 279 8.0-7.7-8.1 15 500