Japanese/English 
FREE STYLE
FC [日本製]
Full Carve
price ¥92,400(税抜価格¥84,000)
Made In Japan

FREESTYLE CARVING 対象者:中級~エキスパート

セミハンマーシェイプと高い技術を集約した「フリースタイルカービングボード」の決定版

FC TECNOLOGIES
芯材:OGK Core[163W, 160W, 157W], OGK2 Core[163, 160, 157, 154, 151, 148, 145]
補強材: Glass Fiber + Carbon Sheet Wide[163W-154], Glass Fiber[151-145]
PCプレート: Type-S
エッジ: Stainless
ソール: Sintered Graphite
ソール仕上げ: Sanding Finish[convex sole]



163W/163/160W/160/157W/157/154/151/148/145


FC 163 | 滝口雅司
[JSBA第18期デモンストレーター]
ターンした瞬間「グリップ力が凄い」と強く感じます。捕まえたら離さないと言っても過言ではないです。ターン中は常に雪を掴んでいてくれるため、安心してターンができます。 特にボードがズレやすいターン後半でもテールがしっかりとグリップしてくれるため、次のターンへと繋げやすく、入りやすいです。また、ボードを立てた時にノーズの食いつきが良く、スムーズにターンが始まる感触があります。しっかりとしたフレックスとボード全体がしなやかにたわむことで生み出されるターンの抜け感はまさに快感です。このグリップから始まるスムーズでシャープなカービング、そこから放たれる反発力を是非体験して頂きたいです。カービングをしっかりとサポートしてくれる頼れるオートマ感と適度なマニュアル感で、次はどんなターンを描こうかとワクワク楽しませてくれます。絶対一度は乗って頂きたいボードです。

FC 163W | 杉下健二
[2020 JSBA全日本スノーボードテクニカル選手権東北大会フリースタイル男子準優勝]
深いカーブラインが描けるボードです。 テールにかけてのサイドカーブの深さとトーションの柔らかさで取り回しが良く、ワイドボードの乗り幅もあり、自由度が高くなっています。ノーズの雪面の捉えが早く、安定感もあります。特に急斜面でのターンでは、落とされることがなく楽に曲がってくれるのでターンコントロールがしやすいです。ラントリもストレスなくできるので、幅広いレベル層に対応し、楽しめるボードです。

 


「FC」は、現存のモデルの中で1997年からと最も古くからあり、今もなお進化し続けているカービング性能を追求したフリースタイルボードです。しっかりとエッジを立てて雪しぶきを上げずにカービングしたいという方から現役デモンストレーターまで、幅広い層に愛されています。全長に対して有効エッジを長く取れるセミハンマーヘッド形状が最大の特徴です。有効エッジが長い分、ラウンド形状と比べると低速時の細かい操作には不向きなものの、エッジグリップやターン時の安定感は抜群です。完全なハンマーヘッド形状ではなく、セミハンマーヘッド形状を採用することで、フリースタイルの自由度を残しています。スノーボードの楽しみ方で、最近カービングの比重が高まってきたという方に一番最初におすすめしたいボードです。

SIZE EF.EDGE.L CO.L NOSE W. WAIST L. TAIL W. RADIUS SETBACK STANCE
163W 1330 1270 311 265 307 9.7-9.2 30 580
163 1340 1270 302 254 299 9.3-8.9 30 580
160W 1300 1230 312 262 309 8.5-8.0 29 560
160 1310 1230 300 252 297 9.0-8.6 29 560
157W 1270 1200 307 258 304 8.4-8.0 28 560
157 1280 1200 296 249 293 8.8-8.4 28 560
154 1250 1160 294 246 291 8.3-7.9 27 540
151 1210 1140 284 238 281 7.9-7.5 25 500
148 1180 1120 281 236 278 7.8-7.4 24 480
145 1150 1090 277 233 274 7.6-7.2 23 460