Japanese/English 
POWDER STYLE
FACET SW168  [日本製]
Facet SW168
price ¥192,500(税抜価格¥175,000)
Made In Japan

SPLIT BOARD 対象者:エキスパート

雪山での使用感と品質にこだわり抜いた超高精度を誇る「スプリットボードシリーズ」


FACET TECNOLOGIES
芯材:SP3 Core [SW168-159], SP4 Core [152]
補強材:Glass Fiber[SW168-164, 152], Glass Fiber + IZANASⓇ /Glass Composite Ribbon Narrow[159]
トップシート: PA
エッジ: Stainless
ソール: Sintered Graphite
ソール仕上げ: Sanding Finish[convex sole]

*「イザナス®」は東洋紡(株)の超高強力ポリエチレン繊維を示す登録商標です「DH-077G」



SW168


FACET SW168 | 磯村直樹
雪質や斜面、対象物や地形の複雑さなど、バックカントリーを楽しむにはさまざまな技術を必要とします。ゲレンデでは味わえない、限界スピードを簡単に超えてしまう様な広大な斜面を前にした時、ボードに全てをあずけてただ楽しむことに集中できます。それが「SW168」の最大の魅力だと感じています。もちろん細かいツリーなどもテールをうまく沈めてあげれば操作は難しくありません。登りでテールが自然に沈み、疲れを軽減させてくれるのも、この形状のメリットだと思います。シーズンに数回しかないベストコンディションの日には、必ず「SW168」を手に、山に向かっています。


「FACET」は、「高品質」「高性能」「高耐久性」にこだわりを持ち続けている OGASAKA SNOWBOARDSが手がけるスプリットボードシリーズです。登坂時は一点荷重(スキー)で足を持ち上げ、滑走時は二点荷重(スノーボード)でターンする。全く目的が異なる2つの要素をベストな状態で融合させなければならないスプリットボードは、開発者にとってまさに困難を極める代物です。数え切れないほどテストライディングを重ね、こだわりの自社設計のビスを採用し、ソリッドボードさながらの隙間ない芸術とも言える綺麗な接合面は、スプリットボード専門の海外Webサイトからも『まるで宝石のようだ』と絶賛され、ヨーロッパアルプスの急斜面でも全く問題なく使えると高評価を得ました (splitboard.com) 。まさに、創業109年を迎える小賀坂スキー製作所のこれまで培ってきたスキーとスノーボードのテクノロジーを融合させた唯一無二のモデルです。21-22モデルでは、より高速域にも対応するために「159」は補強材を変更。また、「164」「159」共に傷の付きにくいトップシートへ変更となりました。

SIZE EF.EDGE.L CO.L NOSE W. WAIST L. TAIL W. RADIUS SETBACK STANCE
SW168 1290 1005 307 260 293 9.6 10 560
168 1325 1050 315 267 299 10.1 30 560
164 1280 1005 311 259 295 8.4 30 560
159 1230 955 307.5 258 293.5 8.0 40 540
152 1170 930 289 242 275 7.7 30 480
FACET TECHNOLOGY
最高のスプリットボードをデザインする