Japanese/English 
ALPINE STYLE
RX  [日本製]
Rx
price ¥156,200(税抜価格¥142,000)
Made In Japan

ALPINE CARVING 対象者:上級~エキスパート

多様なコースで早く滑ることと高速域でのカービングを目的とした「アルパインレーシングモデル」。プロレーサー「富田陽介」使用モデル


RX TECNOLOGIES
芯材:FLC10 Core
補強材:Metal (A7178) + Glass Fiber + Carbon Sheet
トップシート: PE (Natural)
エッジ: Steel (Ceramic Disk Finish)
ソール: Sintered Graphite
ソール仕上げ: Sanding Finish



186/182/176/163/162/159/172/152


RX 172 & 152 | 志鷹あかり
[PSA ASIA プロツアー SPRING RACE 2021 in Fujimi Panorama女子優勝]
21-22シーズンの「RX」のコンセプトは、「全ての方にカービングの楽しさを!」です。IRON ROCKやALCプレートを付けて乗っても良し、そのままバインディングを付けて乗っても大丈夫です。最高の乗り心地とキレを実現させました。メタルボードが不安な方でも安心。硬さを感じず、スムーズなターンが可能です。レースやテクニカルシーンでも大活躍しています。来年の1本に是非ご検討ください。

RX 186 & 163 | 富田陽介
[2020 JSBA全日本スノーボードテクニカル選手権 アルパイン男子準優勝]
ニューサイズの「RX 186&163」は、これまでの RXとガラッと変わった、という印象です。LX のアウトラインを採用し、ロッカー(接点移動型キャンバー)に。今まで以上に捉えが良く、ターンピーク通過後のボードの進行方向が違います。今までよりも加速し落ちていくイメージです。ボードの軌道が変わったためゲートではタイムアップに直結し、スピード域を上げても安心して乗り込んでいけます。プレート無しの場合、しっかりボードがたわみ、その反発で走っていくイメージです。たわんでいき深回りも可能です。荒れたバーンでも同様です。テクニカル選手権の種目やフリーカービングで有れば、プレート無しで十分と感じました。プレート有り無しと1本で好きな乗り味を選べるボードです。


「RX」 は、アルパインボードのレーシングモデルです。プロレーサーとしても活動し、2020年JSBA全日本テクニカル選手権で準優勝を果たした富田陽介プロが使用しているモデルです。レースシーンでは、安定したエッジグリップと瞬時の対応力が求められます。それらのリクエストに応えるために、トップシートには滑走面と同じ素材であるポリエチレン(PE)と、芯材の上下にメタル(A7178)を採用しています。芯材を中心としてバランス良く構成した上で、フレックスバランスやアーチ形状を絶妙に調整することにより、エッジグリップの良さと扱いやすさを同時に実現しました。また、このボードは ALCプレートおよび IRON ROCKプレートの装着を想定して設計していますが、プレート未使用でも十分に力を発揮することができます。これらを理由に「RX」 は、レーサーだけでなく、テクニカル選手達からも高い支持を得ています。21-22 モデルより、「 LX186」と「 LX163」 をベースとして、扱いやすく改良した「 RX186」 と「 RX163」 が新たに加わりました。

  SIZE EF.EDGE.L CO.L NOSE W. WAIST L. TAIL W. RADIUS SETBACK STANCE
NEW 186 * * 248.5 198 225.5 ≒20M * 500
  182 1700 1605 253 201 233 ≒17M 0 500
  176 1640 1545 253.5 200 233.5 ≒15M 0 500
  172 1600 1505 240 190 220 ≒16M 10 460
NEW 163 * * 259.5 200 238.5 ≒12M * 500
  162 1500 1405 259.8 202 239.8 ≒11M 0 500
  159 1470 1375 261 200 242 ≒10M 0 500
  152 1400 1315 248 188 236 ≒9M 0 460
* SECRET