Japanese/English 
ALPINE RACING
RX
ALPINE STYLERX
MADE IN JAPAN
¥160,600(税抜価格¥146,000)
対象者:上級~エキスパート

多様なコースで速く滑ることと高速域での カービングを目的とした「アルパインレーシングモデル」。 プロレーサー「富田陽介」使用モデル


TF-C TECNOLOGIES
芯材: FLC10 Core
補強材: Metal (A7178)+ Carbon Sheet
トップシート: PE (Natural)
エッジ: Steel (Ceramic Disk Finish)
ソール: Sintered Graphite
ソール仕上げ: Sanding Finish


152/162/172/177/183


RX 162 | RIDER: YOSUKE TOMITA PHOTO: GAMICHAN



RX 162 & 183 | 富田 陽介
[2022 JSBA全日本スノーボードテクニカル選手権 アルパイン男子5位]

21-22モデルに比べターンピーク以降のボードの進行方向が異なる点と、形状の変更 によりターン後半から次のターン前半へ切替えが行いやすくなっています。もちろ んプレートをつけた場合には加速感が増します。ターン後半の高速域の中でもボー ドにしっかりついて行きやすくなったように思います。ターン後半テールで抜けて いく訳ですが、より自分の方へ戻ってくる印象です。プレート無しでも例年同様に 楽しくカービングができます。プレートの厚さが無い分、雪面が近くなり足裏感覚 の良さとしっかりボードがたわみ回ってきてくれる安心感が有り、ターン孤でしっ かりスピード調整ができる印象です。プレート有り無しで乗り比べ楽しみを倍増し ていただきたい一本です。



RX 152 & 172 | 黒木 あかり
[2022 JSBA全日本スノーボードテクニカル選手権 アルパイン女子優勝]

「RX」は今季よりフルモデルチェンジした自信の一本です。開発する上で苦労し り込めるボードだと思います。 た点は、プレートを付けても付けてなくても乗れるフレックスにすることです。 ゲートでタイムがあまり変わらないくらいまでになりましたので、どんなシーン でも楽しんでいただけると思います。このボードで今年のJSBAテクニカル選手 権も優勝できましたので、テク戦や検定を目指している方にもおすすめします。


「RX」は、ワールドカップモデル「LX」のテクノロジーを反映させつつも乗りやすさを追求したアルパインボー ドのレーシングモデルです。レースシーンでは、安定したエッジグリップと瞬時の対応力が求められ、それら のリクエストに応えるため、トップシートには滑走面と同じ素材であるポリエチレン(PE)と、芯材の上下に メタル(A7178)を採用しています。芯材を中心としてバランス良く構成した上で、フレックスバランスやアー チ形状を絶妙に調整することにより、エッジグリップの良さと扱いやすさを同時に実現しました。また、この ボードはALCプレートおよび IRON ROCKプレートの装着を想定して設計していますが、プレート未使用でも 十分に力を発揮することができます。22-23モデルより新型となり、「LX」ではちょっと難しいと感じていた方 にもちょうど良いサイズ展開となりました。「RX」は、プロレーサーとしても活躍し、2022年JSBA全日本テク ニカル選手権でも優勝を果たした黒木あかりプロが使用しているモデルです。

  SIZE EF.EDGE.L CO.L NOSE W. WAIST W. TAIL W. RADIUS SETBACK STANCE
NEW SHAPE 152 1394 1212 254 190 235 ≒9M * 460
NEW SHAPE 162 1498 1323 263 200 242 ≒11M * 500
NEW SHAPE 172 1596 1416 240 190 224 ≒15M * 460
NEW SHAPE 177 1646 1466 250 199 230 ≒16M * 500
NEW SHAPE 183 1706 1526 251 200 231 ≒18M * 500