>>>English

CT&CT-L/CT-KD
FREE RIDE
GROUND TRICK
HALF PIPE
SLOPE STYLE
BIG MOUNTAIN
SIZE: 161/158/156/154/152/151/148/146/143/139  PRICE: ¥81,000(税別価格)

CT&CT-L/CT-KD

CT&CT-L/CT-KD

CT&CT-L/CT-KD

CT&CT-L/CT-KD

CT&CT-L/CT-KD
SIZE
EF.EDGE.L
CO.L
NOSE W.
WAIST W.
TAIL W.
RADUS
SETBACK
STANCE
161
1310
1270
295
251
295
9.1-8.8-9.1
20
580
158
1270
1230
292
249
292
8.9-8.6-8.9
19
580
156
1240
1200
290
247
290
8.7-8.4-8.7
18
560
154
1220
1180
287
245
287
8.5-8.2-8.5
17
540
152
1200
1160
286
245
286
8.4-8.1-8.4
17
540
151
1200
1160
283
240
283
7.9-7.6-7.9
16
520
148
1160
1120
279
237
279
7.8-7.5-7.8
15
500
146
1130
1090
277
236
277
7.7-7.4-7.7
14
490
143
1110
1070
274
234
274
7.4-7.1-7.4
13
480
139
1090
1050
268
229
268
7.1-6.7-7.1
12
460
CT-KD 136
1040
1010
2593.5
226
259.5
7.4
10
440
CT-KD 132
1000
970
255
224
255
7.5
10
440

しなやかなフレックスながら吸い付くようなエッジの捉えが特長のCTシリーズ。ターン前半からノーズエッジが雪面をしっかり捉えて始動し、ターンの終了まで雪を離さない。ボードのサイドカーブをフルに使ったキレの良いカービングターンが楽しめる。しかし、踏む力を抜いた瞬間には大きな反発力が生まれ、それを利用した高いジャンプや小気味のいいショートリズムのターンも楽しめる。カービングテクニックはフラットバーンやパイプを問わず、様々なシーンで必要になるライディングの基本技術。フリースタイルスノーボーディングを楽しむには必須のテクニックだ。ソフトフレックスで操作性が良く、さらにエッジグリップも強い。まるで自分の脚と一体化したように感じられるだろう。オールマイティーなこの一本で、あらゆるフリースタイルスノーボーディングを満喫できる。 CT-KDはCTをほぼそのまま同じ素材と製作工程で仕上げた、最もコストパフォーマンスの高いキッズモデルである。ディレクショナル、ノーマルキャンバー、ソフトフレックスと基本的な滑走技術の習得を優先にデザインしている。
>>>English
The center of the board in CT is setback towards the tail making the board directional. The board is for freeriding with middle flex making it fit for the wider level of riders. The board will perform in carving to ground tricks.


TECHNOLOGIES
芯 材:NVコア/ 3Sコア(132cm)
補強材:グラスファイバー +ダイニーマ・グラスコンポジットリボン1本[161 ~ 151]、グラスファイバー [148 ~ 132]、PC プレートタイプ S [161 ~ 143]
エッジ:ステンレス/ スチール(132cm)
ソール:ISO SPEED 7500 SINTERED GRAPHITE
ソール仕上げ:サンディング仕上げ [コンベックスソール]
IMPRESSION
小林創也/CT
柔らかめなフレックスで操作性が良く芯がしっかりしているので、反発力もありねばり強い。ハイスピードでも不安なく乗っていけ、相変わらず手足のように動き、イメージ通りのラインを描かせてくれる板です。

太田賢哉/CT
昨年モデルよりもフレックスを少し硬めにセッティングしているのですが、少ない荷重でもノーズがターン方向(横方向)へグイグイ入っていく感じが増しています。エッジコンタクトも強くなっているので、スピードや雪面抵抗に負けずにしっかり踏ん張ることができました。安定感が格段にアップしています。板の挙動や反発(反応)がクイック過ぎてしまうと、取り回しが難しくなってしまう場合もあるのですが、CT はその辺のバランスがマイルドというか、非常に素直なので幅広いレベルのユーザーや滑りのスタイルに対応できると思います。

玉田貴ら/CT
去年の CTの良さを残しながらも、より安定感が増したことにより、スピンの後の着地が楽になりました。柔らかすぎず、硬すぎず、操作性の良いしなやかなフレックスなので、試乗した初めの一本からまるで自分の板かのように違和感なく乗っていただけます。ハーフパイプの中でもカービング性能の良さを発揮してくれるので、ハイエアは間違いないです。全ラインナップ中で全てに優れている CT。よりスノーボードが楽しくなること間違いなしの板です。


Company infoPrivacy Policy

Copyright (C) 2016 Ogasaka Ski Manufacture Co.,Ltd.All right reserved.